株式会社ジャパンネット

webサイト制作・管理 通信機器 モバイルマーケティング|株式会社ジャパンネット|名古屋 静岡

受付時間:9:00~18:00(土日祝除く)

MEO対策

ローカル検索(Googleマップ)が求められる理由

ユーザーにとって最適を追求し続けるGoogleのロジック

Googleは「今、〇〇したい」というユーザーに最適な店舗情報を最適なタイミングで提供できるよう、MAPでの「場所+目的」で検索する情報提供に注力しています。

 

その為、MAP情報の上位3店舗に入れるかが集客力UPや同業者との差別化につながるいわば今後のWeb集客生命線となってきます。

Googleの仕様の変化

Googleの市場調査発表では、お店を探す人のうち5人のうち4人がローカル検索(位置情報や地名に基づいた検索)を行っています。

更にローカル検索から1日以内に、情報を検索した消費者の34%が店舗を訪問しています。

 

MAP検索が主流となりつつある時代、今から対策しておくことで、同業他社との差をつけることが望めます!

 

引用元:ローカル化:広告主が検索との関係性を拡張する方法

https://www.thinkwithgoogle.com/marketing-strategies/search/how-advertisers-can-extend-their-relevance-with-search/

Premium-bizの機能

MEO対策機能

店舗情報の更新頻度を増やし、Googleに自社サービスを理解させましょう

Instagram投稿で連携したアカウントの成長が見込めます

Instagramで投稿された記事がGBPに連動され、更新頻度が増えるため、検索結果にかかりやすくなり、Googleに自社サービスを理解させやすくなります。

クチコミ促進と返信で文章の内容がキーワードになる

クチコミ投稿に返信する際、メニューやサービスの名前を記載するとキーワードとなるため、ローカル検索された際に引っかかりやすくなります。

検索キーワードと関連性の高い記事が優先的に表示される

キーワードの入った記事をたくさん投稿していることによって関連性が強くなる為、検索された際に記事の中のキーワードが引っかかり上位検索されやすくなります。

サイテーション対策

Googleの評価UP&上位表示を狙う

MEOにおいてサイテーションとは、自社のWeb上の他のサイトに登録・紹介されることをいいます。

サイテーションを多く得ることは、店舗がGoogleマップの上位に表示されることに対して効果があるといわれています。

ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEOの手法もローカル検索結果の最適化に適用できます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。

Recruitment site リクルートサイト CLICK HERE! >